検索
  • Daisuke Miyashita

SHIT HAPPENING


 SHIT HAPPENINGが解散して2ヶ月が経ちました。

 解散の報告を受けたのは、去年の11月頃。今瀬くんから電話を貰って「解散しようと思います」って。

 最初に思ったのは『辞めないで続けて欲しい』だったけど、すぐに『彼らには彼らの人生がある』とも思い直って、反対したり引き留めたりはしませんでした。

 未だに解散の実感は湧かないけど、これからジワジワと感じてくるのかな。

 彼らの最初で最後のライブDVD『THIS MEMORY TO YOU...』

 今回、この映像作品の監督をやらせてもらう中で、改めて感じた事があって。

 僕らが撮影するバンドの写真や映像は、主にプロモーションに使われたり、商品そのものになったりする訳だけど、被写体のバンドマンや会場に来たお客さんが、後で見返して振り返ったり、懐かしんでくれたら、それは彼らにとっての『青春の記録』になるなって。

 10年か20年後に、建ちゃんが結婚してて、子どもに『パパは昔、たくさんの人の前で歌ってたんだよ』なんて話したり。(建ちゃんは歌い続けるって言ってるし、10年か20年後もたくさんの人の前で歌ってる可能性はあるけども)

 お客さんにも、僕らの撮った写真や映像を見ながら、友達と思い出を語り合ったり、将来、子供たちに『SHIT HAPPENINGってバンドが好きだったんだよ』なんて話をしてくれたら、嬉しいです。

 DVDを買ってくれた方、たくさん観てくださいね。

 SHIT HAPPENINGを撮り始めたのは、2015年頃。

 きちんと撮影したのは、Landmarkのリリースツアーファイナルの代官山UNIT

 同郷という事で、HEAVEN'S ROCK宇都宮の佐伯店長に紹介してもらって。(佐伯さんに感謝)

 僕は、人と仲良くなるのにとても時間がかかる方なので、2~3年かかったけど、ゆっくりと関係を積み上げて、僕の中でとても大切な人たちになりました。

 バンドの舵取りをしていたのは、今瀬くんだったけど、僕が経験のない仕事でも任せてくれて、本当に勉強になったし、チャンスをくれたこと感謝しています。

 活動休止から復活までの間に作成した、ドキュメンタリー映像もその一つで、大変だったけど、とっても楽しかった。この時は、『Stargazer』の作曲段階から現場で撮影させてもらったので、この辺りで人見知りの僕も『仲良くなってきた』って実感した気がします。

 2018年、写真展。やって良かったな。

 この頃から、お客さんも僕に声をかけてくれるようになって、嬉しかったです。

 こうやって見返すと、今瀬くんの写真、マジでないですね。

 仲は良いんだよ、本当に。

 建ちゃんもラストライブのMCで言っていたけれど、僕らの人生は続いていきます。

 4人共それぞれの道を行く準備をしているみたいだし、これからだって会えるし、幸せになって欲しい。(そのための解散だと思っているから)

 僕も、ありがたい事にSHIT HAPPENINGの他にも大切なバンドはいるし、もっと出会いたいし、もっともっと写真を撮りたいし、色んな映像を作りたい。

 僕らは、まだまだこれからです。

 ありがとう、SHIT HAPPENING。

 建ちゃん、晃二郎くん、今瀬くん、梅ちゃん、これからもよろしく。

P.S

SHIT HAPPENINGチームの皆さんにも、敬意と感謝を。ありがとう、お疲れ様でした。


289回の閲覧

copylight © Daisuke Miyashita. all rights reserved.